講師紹介

集合研修やコンサルティングに携わる人気の講師陣を動画でご紹介しています

  1. TOP
  2. 講師紹介
  3. 話がしやすい「場」をつくる

話がしやすい「場」をつくる

パートナー・コンサルタント

大嶋 友秀
Tomohide Ooshima

受講生からまずあがるのは「わかりやすい!」という声です。ファシリテーターのプロフェッショナルとして、学びやすい場、意見を言いやすい場、質問をしやすい場をつくりだします。

講師インタビュー

出発点は、「人が好き」

私は、人が好きなんです。人と話すことや、人の考えが好き。だから、本を読むのも大好きですし、ブログを書いたり、本に関わるいろんなイベントに参加したりしています。人が好きだから、人をよりよく知るために、コミュニケーションをとりたいっていう気持ちが強いんだと思います。コミュニケーションをする機会がふえると、人をより知ることができたり、また、かえってわからなくなることもあります。「ほう!」とか「あれっ?」と思うところから、さらに好奇心を持ちます。そんなことが、仕事をしていくうえでの出発点になっていると思いますね。

人を100%理解することはできない

私は、コミュニケーションで人を100%理解できるとは思わないんです。言葉ひとつとっても、人それぞれ感じるものって違うわけですよね。だから、私が話したことも、そのとおりに伝わっているなんて思っていません。思わないからこそ、それをわかりやすくする努力もするし、事例を探して説明しようとするし、相手に問いかけて確認をします。そうじゃないと前に進めない。それがまさに、コミュニケーションのあり方であり、ファシリテーションにもつながってきます。

まず、場づくりが大切

まず、場づくりがポイントになります。場をつくる必要性っていうのは、要するにその場ができていないから必要なんですね。ところが、もうできている場だってあるわけですよ。場づくりを絶対やらないといけないというわけじゃない。今日はまだ固いなと思ったら、簡単なエクササイズを入れようかなとか、その場に関しての感性を使わないと判断できないですよね。慣れていない人がやりがちなのは、最初に絶対アイスブレイク的なゲームをやらないといけないと思い込んでしまうこと。かえって場が壊れてしまうこともあります。状況を臨機応変にどう読むかが重要なんです。場がうまくできると、その後のファシリテーションをスムーズに進めることができます。

お問い合わせ

研修プログラム

特徴

●こんな方にオススメ!

会議ファシリテーションの基本を学び、基本ツールを習得するコースです。新人から管理職の方まで、誰でも参加できる内容です。

●進め方の特徴

講義とグループ演習、グループ会議で構成されます。演習および模擬会議実施後には全体共有する時間を設けるなど、共に学んでいくワークショップ形式で進めていきます。

●期待される効果

効果的、効率的なプロジェクト運営、会議運営のスキルとマインドを習得することができます。

プログラム例

会議ファシリテーション実践コース

1日目 午前
  • ●オリエンテーション
  • 1.ファシリテーションの基礎と社会背景
    • ・会議がなぜ上手くいかないのか
  • 2.会議の準備として
    • ・場づくりをするために
    • ・グランドルールの作り方
  • 3.会議の実践
    • ・発散すること、収束すること
    • ・議論を見える化する手法
午後
  • 4.合意形成するために
    • ・Win-Winの状態を求めて
    • ・コンフリクトをどう扱うか
  • 5.会議の後に
    • ・ふりかえり
    • ・議事録などの情報共有
  • 6.模擬会議 ※模擬会議のテーマは別途相談
  • 7.ふりかえり
  • ●まとめ

受講者の声

講師プロフィール

パートナー・コンサルタント

大嶋 友秀
Tomohide Ooshima
  • ファシリテーション
  • プレゼンテーション
  • チームワーク
専門分野・テーマ
ファシリテーション / プレゼンテーション / チームワーク / リーダーシップ / インストラクター養成
業界実績
建設業 / 製造業(製薬) / 情報通信業 / 金融業・保険業 / 公務
対象階層
経営幹部 / 管理職 / 監督職 / 中堅社員 / 新入社員
資格・スキル
ThinkBuzan Ltd. マインドマップ公認インストラクター
日本アクションラーニング協会 アクションラーニング公認トレーナー
経歴
・1986年 大学卒業(文学部ドイツ文学を専攻、ゲーテの作品から人間科学を論文にする)
・メーカー(窯業)―ケイ酸カルシウムの成形板メーカー―にて輸出営業に従事
・メーカー(建築業)―建築塗材メーカー―にて大型集合住宅のリノベーションに従事
・マスコミ(制作会社)にて外国語に特化した映像、ウェブサイトなどの営業に従事
・2002年に独立。幅広いコミュニケーションのトレーニング、会議やワークショプなどのファシリテーションを通じて、団体・企業の組織風土改革に従事
著書・メディアへの掲載履歴
『すぐできる!論理的な話し方』(大嶋友秀著) 日本能率協会マネジメントセンター
『ファシリテーターの道具箱』(共著) ダイヤモンド社
『マインドマップ会議術』(共著) ダイヤモンド社
『職場の会議を活性化するアイデア&ノウハウ集』(「企業実務」別冊付録 2012年12月号)
『相手との距離を縮める「ビジネス雑談力」アップ術』(「企業実務」2014年6月号)>

お問い合わせ

講師一覧へ戻る

ページ上部へ戻る