講師紹介

集合研修やコンサルティングに携わる人気の講師陣を動画でご紹介しています

  1. TOP
  2. 講師紹介
  3. 組織風土を改革したい!

組織風土を改革したい!

パートナー・コンサルタント

峯村 隆久
Takahisa Minemura

大手造船会社の設計部門を経て、コンサルティング会社での生産、サービス等のコンサルティング・研修を経験。現場での豊富な経験を活かしながらも、スキルや知識を超えた組織風土やマネジメントの改革に、情熱を注いでいます。

講師インタビュー

モチベーションに火をつけたい

以前、造船会社で設計の仕事をしていました。効率的な仕事を考えていくうちに、コンピュータの使い方も含めて、結局、人が工夫しないとだめだという思いが次第に強くなっていったんです。
次のコンサルティング会社では、改善研修やコンサルティングを通じて成果の獲得や改善活動の活性化を支援してきました。ただ、これらの支援はコンサルタントがいなくなると途端に活動が停滞してしまっているようなんです。最終的には社員のモチベーションに火をつける状態まで持っていかないといけないと実感し、次第に風土改革に力を入れるようになりました。

企業理念と個人の思いを結びつける

会社の企業理念に対して、自分はどういう思いをもてるのか、というようなことを考えてもらうと、ものすごくモチベーションが高くなるんですよね。この会社で頑張ることに意味があるなと思えるようになる。
そして、その熱い思いのうちに取り掛かれるような宿題を出しておいて、2カ月後にもう1回集まる。結果的に、その職場に戻ってやること自体がすごく楽しいとか、意味があるなというふうに感じられて、次第に組織が変わっていく。成長の楽しさを感じられるんです。そんな変化を見られるのは、うれしいですね。

成長したいという気持ちが大切

企業の教育担当者の方にまずお願いしたいのは、本当に自分の会社をどう良くしたいのかということを、教育を企画する側が、最初にしっかりと設定をしておくことです。それによって、研修の中身が確実に違ってくるはずなんですよ。やっぱりキーワードは「成長」なんです。自分がちょっとでも良くなりたい、成長したいっていう気持ち。そんな気持ちがもてるように、ご担当者の方と一緒に組織全体を変えていけたら、と思っています。

お問い合わせ

研修プログラム

特徴

●こんな方にオススメ!

仕事がうまく進まない、社員が同じ方向を向いていない、積極的な行動が見られない、協力しあえないなど、組織風土に問題があると感じている企業の幹部・管理者の方に、ぜひ取り組んでいただきたい内容です。

●進め方の特徴

組織を活性化させるための考え方や手法を学びます。組織のマネジメント手法、管理者のふるまい方、改革手段としての会議のあり方など、実践的なスキルを身につけることができます。実際の職場行動とその振り返りを通じて組織を高める、アクションラーニング形式で進めることも可能です。

●期待される効果

社員が働きがいを感じ、より良い仕事のために改善や提案を積極的に行い、協力しあえる組織を目指します。結果的に、業績向上、競争力強化につながります。

プログラム例

組織風土改革セミナー

1日目 午前
  • 0.組織風土とは
  • 1.変化の激しい時代の認識と勝ち残るための方向性
    • (1)経営環境の変化
    • (2)日本企業が勝ち残るための方向性
  • 2.めざす組織の状態
    • (1)めざす組織の状態とは
    • (2)組織のミッション・ビジョンの意義
    • (3)個人がベクトルを合わせ努力することの定義
  • 【討議1】事例企業のミッション・ビジョンの意義と浸透レベル
  • 3.めざす組織実現のための理論
    • (1)組織風土改革のポイント
      • 多くの職場で見られる社員の行動・部門間の壁
      • 行動しない原因と改革のポイント
午後
    • (2)主体的にベクトルを合わせ努力するための理論
  • 【演習1】自分の大切にしている価値観や夢を言葉にしてみる
    • (3)チームワークの基礎となる信頼関係
      • 信頼感があふれる組織づくり
      • コミュニケーションの活性化から企業競争力強化のストーリー
  • 4.組織風土改革の実践方法
    • (1)組織風土改革のためのマネジメント(さしすせそマネジメント)
      • ・さ:先を示す
      • ・し:自律力を高める
      • ・し:信頼関係を高める
      • ・す:好きなことでチャレンジさせる
      • ・せ:責任から逃げない
      • ・そ:その気にさせる(やる気を高める)
    • (2)組織風土改革のためのコミュニケーション
    • (3)社員のための「場」づくり
  • 【討議2】自社・自職場の組織風土改革の実践プラン策定

受講者の声

講師プロフィール

パートナー・コンサルタント

峯村 隆久
Takahisa Minemura
  • マネジメント
  • 問題・課題解決
  • リーダーシップ
専門分野・テーマ
問題・課題解決 / コミュニケーション / チームワーク / リーダーシップ / マネジメント
業界実績
製造業(製薬) / 電気・ガス・熱供給・水道業 / 金融業・保険業 / サービス業
資格・スキル
日本能率協会コンサルティング Basic-MOSTアプリケータ

日本能率協会 IE士補
経歴
・1987年 大学卒業
・大手総合重機メーカーにて設計、管理業務に携わる
・コンサルティング会社を経て独立、現在に至る
コンサルティング会社での17年間のコンサルタント経験があります。
組織風土改革をメインテーマとし、そこから派生する会議・コミュニケーション改革研修、組織マネジメント改革研修、業務改善研修なども行います。
生産領域の生産性向上やコストダウンの経験もあるので、広いテーマ領域での対応が可能です。
著書・メディアへの掲載履歴
『はじめの1冊!オフィスの業務改善がすぐできる本』(共著)日本能率協会マネジメントセンター
『ホワイトカラー生産性向上活動実践マニュアル』(共著)日本能率協会総合研究所
『実務入門 使える!活かせる!マニュアルのつくり方』(共著)日本能率協会マネジメントセンター
『NTTデータの挑戦 現場発!で会社を変える 改革リーダーが知っておくべきこと』(共著)あさ出版
『図解 自治体の事務事業改善入門~ひとりでもはじめられる行財政改革~』(共著)ぎょうせい

お問い合わせ

講師一覧へ戻る

ページ上部へ戻る