ダイバーシティ&インクルージョン

組織づくり

  1. TOP
  2. 組織づくり(ダイバーシティ&インクルージョン)

JMAMのダイバーシティ&インクルージョンは、多様な人材の雇用という「ダイバーシティ」の観点に加え、一人ひとりが違いを活かし、組織に貢献できるという「インクルージョン」の観点を大切にしています。

ダイバーシティ推進の視点

経営成果に繋がる”ダイバーシティ推進“を

日本企業におけるダイバーシティ(多様性)の推進には、
〔1〕労働力人口の減少を背景とした「リスク対応」
〔2〕イノベーションへの期待を背景とした「経営成果」
の2つの視点があります。
私たちは、経営成果に繋がるダイバーシティ推進を支援するため、「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の両面からアプローチします。

ダイバーシティへの対応

多様な人材が働きやすい組織に

少子高齢化による労働力人口の減少を背景として、従来のように「日本人・男性・正社員・フルタイム」だけの雇用では、組織が立ち行きません。女性社員やシニア社員の更なる活躍と同時に、誰もが働きやすい組織づくりが期待されています。

インクルージョンの促進

「違い」を最大限に活かし経営成果に

人材の多様化が進展することは、組織内のコンフリクト(対立)など“負の影響”をもたらすことも知られています。性別や年齢などの表層的な多様性だけにとらわれず、ものの見方、価値観、経験など深層的な多様性にも目を向け、ダイバーシティを組織の力にすることが重要です。

ページ上部へ戻る