これまでの人気セミナー

ご好評いただいた無料セミナーのレジュメなどをご覧いただけます

  1. TOP
  2. 無料セミナー
  3. これまでの人気セミナー

新人・若手

「働き方改革」時代における若手教育を考える

「イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2017」から見た実態と対策

イマドキ若手社員の仕事意識とは?

近年の若年層は、幼少時からインターネットに親しみ、不況やグローバル化による格差社会を経験していて、特有な労働意識を持っていると言われています。
JMAMでは、こういった若年層の思考や労働意識を把握し、採用や育成のヒントを探るため、新人の「働き方」と指導者の「接し方」に関する実態調査を実施いたしました。
セミナーでは、調査から浮き彫りになった若年層の特徴を紹介しながら、入社後に成長していくために必要な要素や関わり方について実例を交えてご紹介しました。

参加者の声
  • 若手の傾向を踏まえた育成のあり方の話が参考になりました
  • 調査データとともに、具体的な企業事例が示されたのがよかったです
  • 当社の教育のあり方も見直す時期にきていると感じました
セミナー資料

「働き方改革」時代における若手教育を考える

無料ダウンロードする

博報堂で実践している新入社員OJTの仕組みが“できるまで” と “できたあと”

職場の環境変化にあった自社OJTの再構築について考える

近年、IT技術の発展や経済状況が激変し、若い世代を取り巻く環境も変わっています。それにともない、職場におけるOJTも難しさを増し、2000年代から段々とOJTの機能不全が叫ばれるようになりました。
多くの人事・人材開発部門も、時代に合ったOJTや、現場での学びを実のあるものにする施策に対し頭を悩ませています。
本セミナーでは株式会社博報堂 HAKUHODOUNIV.人材開発戦略室の白井剛司様にお越しいただき、下記の5つのポイントについてお話いただきました。

  1.いまどきの若者は、どんな時代を過ごしてきたか
  2.指導側(=現場)の関わり方はどうなのか
  3.「若手が育つ環境」をつくる上で大切なことは何か
  4.いまどきの若者が「大切にしていること」は何か
  5.OJT推進者として、取り組んでいくことは何か

セミナーレポート

博報堂で実践している新入社員OJTの仕組みが“できるまで” と “できたあと”

無料ダウンロードする

申込受付中の関連セミナー

管理者

調査結果から読み解くマネジャーの「経験学習」

マネジャーの能力発揮に好影響をもたらす「経験」「サポート」「学び」とは

JMAMでは、従業員規模1000名以上の企業に勤務する管理職及び管理職相当職500名を対象にアンケート調査を行ない、管理職としての能力を伸ばす有効な仕事経験とはどのようなものかを明らかにしました。本セミナーでは調査結果の報告に加え、年間3万人を超える管理者育成の現場を通じて見えてきた「成長ステージごとの育成アプローチ」をご紹介いたしました。

セミナー資料

調査結果から読み解くマネジャーの「経験学習」

無料ダウンロードする

申込受付中の関連セミナー

無料セミナー一覧へ戻る

ページ上部へ戻る